PTA役員決めの季節が到来

去年PTA役員をやったPさん。(以下P)

P「やってよっかたです。楽しかったです。どうですか?」

O(PTA役員なる前の人いわばP候補。Pの前なのでOさん以下O)

O1人目「無理です。9時から5時でフルで仕事してます。」

他一同黙する。



P「先生とかと話す機会も増えお子さんの学校での様子もわかります。いいですよ。」

02人目「私・・介護をしてまして。なかなか時間で外出るのも・・ままならず」
他一同黙しわが身もとうなずく人数名。



P「誰か一人だけでがんばるというのでなく
  みんなで協力してやりますので心配なさらずに・・」

O3人目「私家に持ち帰りほぼ徹夜で文書しあげました。
      泣き泣きでしたよ。」
他一同ゴクリとつばを飲みO3人目さんの取り乱し方におののく。

さすがのPさんも少し黙する。
「大変だったんですね・・・」

しかししばらくすると、
P「お母さん同士の横のつながりもできお友達もふえますよ」
と明るく話はじめる。


定員に満たないとじゃんけん大会が始まる。
48に無理やりむすびつければ御年48歳あたりの面々が。

今会ったばかりの人たちの身の上話。苦労した過去を知ったり。
PTAって?。
なんで・・・・なんで・・・とテツ&トモのマネして踊りたくなる。



私はどうしてるか?

じゃんけんは弱い。

あみだばばあに魅入られる可能性には耐えられない。

身の上も身の下も話したくない。

だから、簡単な役に飛びつき潔く立候補する。下の子供もう中学生。


振り返れば、幼稚園、子供会、小学校、中学校PTA役員子供2人分。町内会班長。
子供の習い事の役員。仕事の持ち回り制の役員。エトセトラ・・・。etc.


十数年全く何もやらない年なんてほとんどなかったような。
そのたびにちょっとずつ知る知りたくもない情報多々。

でも友達と云えば・・・そういえば、いまだいない。














"PTA役員決めの季節が到来" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。