乾いてますの・・・。私。

 時期的に少し暑くなってくると、 自分自身が海綿体か尿モレパット吸収力何倍と 命名か宣伝したくなるくらい水分が欲しくなる。  長時間外出なら麦茶の水筒を持参する。 短時間の買い物から帰れば 冷蔵庫のトビラを開けたとたんに、 庫内からまず、ミニバーカウンターがせり出してくる。  次に汗だくでテカル私のおでこに 「シュー…
コメント:0

続きを読むread more

ケチな私がいわれるがまま散財してしまうもの

 たいていの流行にはついていかないから(訂正:ついていけない) 服など消耗品である認識もなく何年も着る。  バブル時期(つまり二十猶予年前)の 妙に肩パットが入ったものを今さら着込み 9号サイズだったゆえ「カジュアルだけど肩苦しい服になっちまった・・・」 などと独りつまらないギャグが口からでる。  自分が小学生時代使っ…
コメント:0

続きを読むread more

老親と孫がもっと会えたらいいのに

 新聞を見たり何の話をきくにせよ 「いい学校をでてないと」 「職のブランク期間があってはダメと・・」 「結婚しても子どもができてももちろん働きつづけないと・・」と 超高速道路を 休みなく突っ走りつづけられる人間だけが求められる時代だ。 そんな人間だけがもとめらるのだから これからの時代を担うわが子もそういう仕様にせ…
コメント:0

続きを読むread more

主婦のしあわせ

 洗濯はあまり好きではない。 正確にいうと洗って干すのはまあまあ好き。 でも取り込んでたたんで所定の場所に納めるのは嫌い。  私の母は「洗濯が好きだ」とよく言う。 良い天気の下、パンパンとおおきな音をさせながら 洗濯もののシワを伸ばすと もやもやした気持ちも晴れるのだとか。  それほど母は毎日、持て余すほどの憂鬱と…
コメント:0

続きを読むread more

私とお友達になる特典

私とお友達の方で 毎年この時期に自宅に遊びにいらした方は 下記のバラをさし上げています。 ただし、お友達といっても 「リアル友達=ネット上ではなく」 「子どもの学校の学区内=近所にお住まい」のかたと 限らせていただきます。  遊びに来た子供にも 「お母さんにあげてね」とケーキの箱なんぞにいれてもたせると お母様には結構…
コメント:0

続きを読むread more

龍馬の下半身ばかり見入る

 物心ついてからずっと反抗期だったので、 親が何か説明はじめたり説教じみたことを いうと途端にそっぽをむくような娘だった。  だから、親から日常生活で教わるような事も おそらく全部自己流なのだ。  ヒモの結び方もそのひとつで かわいい蝶々結びなどいまだできずに 運動会のあるこの時期になると、 横できれいに衣装を子…
コメント:0

続きを読むread more

ブログ&単身赴任 川柳

   サラリーマン川柳に触発され一句。  ブログ川柳  ネタうかび 起動する間に はや忘れ   最近パソコンの起動がとても遅い・・・・・。   私の記憶容量は少ない・・。    ランキング 成績順位 子と比べ   偏差値の時代に育ちましたから・・・        単身赴任川柳 …
コメント:0

続きを読むread more

人間誰しも アイ パッド

 一冊の本なのに開く度に新しい章が追加されている。 読んでも読んでも終わることがなく 次々と楽しませてくれる魔法の本。  「無人島に持っていく一冊?」の質問に、この魔法の本と 答えた事があるが なんと本当に発売されるとは驚きだ。    では、ほしいかというとそうでもない。 なぜなら、私は紙の本が好きだからだ。  本を開…
コメント:0

続きを読むread more

私からでる シワ バター

 爪先にネットリとついたシワ バター。 これが私を小ジワからを防ぐ最良の自然化粧品。  毎日少ししか採れないから貴重である。 原産地は「鼻まわり地方」 「小鼻まわり」は最産出地域。 だからってとれたものを他所に塗ったりしなけど。  シワバターを 皮脂などとありがたみのない言葉で言う人もいるが 人間これが採れなくな…
コメント:0

続きを読むread more

とり返しのつかない3つ

 中国の話であったと思うが 一度放つと取り返しがつかない3つの事は 1、放たれた矢 2、過ぎ去った時間 3、言ってしまった言葉  だそうだ。  これは小学校時代の国語ドリルの端の豆知識コーナーだか ひと休みコーナーだかに書いてあった。 私はドリル本文より、いつだってこういった寄り道コーナーばかり 熱心に読むもの…
コメント:0

続きを読むread more

きっと もっと ずっと 

最近、「形状記憶」改良したんじゃないかと思うようなバラに出会う。 咲き始めやや開ききったら、そのままロウ細工のように 形をとどめ咲き続ける。 退色して、いい加減くたびれた様相になっても 形だけは維持してる。    木というのは花を咲かせている時期、葉をのばしたりの成長を 一時期ストップさせ、花をさかせる事に全力をかたむけ…
コメント:0

続きを読むread more

街中で息子が男になっていく過程をみる

 街中で家族が向こうから歩いてくる。 中学から高校にかけて私は母親以外(だから父とか兄)は 反対側の道によけ、そしらぬ顔をして通りすぎたものだ。  だって「こんにちは」でも「やあ」ともあいさつするのもへんだし 「何処行くの?」ほどの興味も持てなかったからだ。  単にこそばゆかった。それだけだが。  夕方買い物帰り…
コメント:0

続きを読むread more

ソコを意識する頻度が低いのも原因のひとつだと素直に思う

 お盆の上に水を並々満たしたコップを並べて運ぶ。 当然ながらこぼさないよう気をつけるが こぼさないようすればするほど、 結果として緊張してこぼしてしまう。  小走りに走れば当然こぼれてしまう。 それが私の「尿漏れ」の感じ。  タケシの番組で「尿漏れ」の病気 「腹圧性尿失禁」をやっていたが、私はまさにそれだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

夫婦で意見は一致しますか?

 中年以降になると、ある意味夫婦は日々試されているよう思う。  もう若くもなく、容姿的には衰えが始まり 若かった頃の「顔を見てうっとり」とか、 「まあ、わがままでもかわいいから許してあげる」的な ルックス的控除が一切なくなりかけているこの時期、  夫婦お互いの意見の不一致を 世間一般の方々は 一体どう解決したり妥協…
コメント:0

続きを読むread more

お付き合い半ばで・・・

 遠くから見てると穏やかなのに 近寄ると、結構気性荒かったり意地悪だったり 気分やだったり・・・。 ほんと近づき難い存在だった。  息も絶え絶え、お付き合い半ばで きびすを返してかえってきた。  五合目プラスちょっとまでは行けた。  でも、肌ひとつとってもあれは マグマが固まった後?  ボロボロで ビター…
コメント:0

続きを読むread more

なんか・・・すごくおかしい

 夜の大平原を遥か地平線にむかい突っ走る。 おそらく西の方向。 日はとっぷり暮れているが、小さな灯がその先にチラチラ見える。 誰とではなく、ただ一人。 できる限りの全速力。 それだけで、体中がうれしくてムズムズ、ムズムズ。 口までゆるみおもわず笑う。 一度ゆるんだらもうしまりがなく、周りが暗く人影もないので 大笑いする。…
コメント:0

続きを読むread more

何やっても驚くほどついていけない

 私の横を車が猛スピードで走り抜ける。  私は年々脂肪が増し、重量税だけは加算されそうな体で  もっさり歩く。運転は苦手だ。  運転感覚が悪い。だが嗅覚は割りといい。  映画からやたら何かが飛び出して見えるようになり  無理してつきあってたら、今度は  我のノドから食べたばかりのポップコーンが飛び出してきそうになった。 …
コメント:0

続きを読むread more

心の闇をのぞきこみながら

 「このまま安々とおさらばできると思うなよ。」 首ねっこをつかみ顔をみすえる。 もはや初めて会った時の様相は伺えない。 髪はざんばらになり、左右におしつぶされたように広がっている。 枕による寝癖の100倍。 おそらく長い間、定期的かつ執拗に 強い力で押さえつけられた結果であろう。 よくみると毛の間に 海草のよ…
コメント:0

続きを読むread more

ウオーキング ウィズ 旦那さん

 結婚式のケーキ入刀以前にも 独身時代のアパートでさまざまな共同作業を重ねていた。 そんな私達夫婦だが、夫が単身赴任になってから とうぜんのことながら夫婦共同作業が減った。  だからたまに夫が自宅にいるときは、 強引に食事の支度を一緒にしたり 園芸作業の強制労働に駆り出したりと、 無理やり夫婦共同作業をする。  …
コメント:0

続きを読むread more

脱がせても 脱がせても むいても むいても

 脱がせても 脱がせても  又 他の女の服もぬがせたい  男の心理  はいでも はいでも  どこから食べられるのかが  わからない 採れたての たけのこ   むいても むいても  痛くなるまで はどめのきかない  足の裏の皮の角質  むいても むいても  元にもどる前に   風呂場で洗わせる  次男の…
コメント:0

続きを読むread more