テーマ:単身赴任

単身赴任中だった夫の持ち物に嫉妬する

 例えば「布団一式」に嫉妬した。 去年の四月、夫が単身赴任を終え東京に戻ったとき。 電化製品などほとんどは次に名古屋で勤務する人にゆずったり したけど、ゆずれないものは持ち帰った。  布団一式は引っ越しやの布団包み袋にきゅうきゅうに収まり 大きなクッションのようにやってきた。  「これはいらんからこのまま粗大ごみで捨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たち夫婦のシーズンは今

 連続ドラマをシーズン途中からみてみる。 人物設定も過去に起きたこともわからないから 「?」と思うことも、「ああったぶんこんなことあったのかな」っと 想像しながらみる。 どうしても気になったらシーズン1最初からみてみる。 へ~。そうなんだ。ま、想定内かなとか。 私たち夫婦は、シーズン途中がずっと貸し出し中のDVDみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単身赴任のその後は・・・・

 やらなきゃならないとわかっててもなかなかやらないこと。 いっぱいあります。買ってきたバラの苗の植え替え。 いらなくなった本を古本屋に売りに行く。 家計簿をつける。窓枠及び窓ガラスそうじ。 録音したラジオ英語講座を聞く。 そして、このブログの題名変えること。 今後は単身赴任後の生活をただ綴っていくことになるので ひとま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫のいる生活

 あっ!! 夫が帰ってきた 「ただいま~っ」て 9年前より髪は白くなりおでこも広くなったけど 相変わらずちょっと酒をひっかけてから帰ってくる 休みの日もその次の日も何処にも帰ることなく 夫は私と子供の隣にいる 眠るときはいびきをかいたり寝言をいって寝返りをうつ 今までかわいがりきれなかった次男を 「かわいい かわいい」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夫婦9年ぶり2度目の同居 そこはホーム・スウィート ホームか?

 外国人バンド9年ぶり2度目の来日と聞いたら あらずいぶんごぶさた、親日派ではないわねと思う。  我ら夫婦も結婚して同居10年。のち、 夫、単身赴任により別居9年。そして帰任の辞令により4月には東京勤務。 遂にカムバック。9年ぶり2度目の同居生活となる。  親しい友人に「遂に帰ってくるのよ!!」と言ったらなんだか ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫が帰ってくるぞ~! おおかみがでるぞ~!

 あるところに妻と長いこと離れて住んでいる旦那さんがいたとさ。 弾丸のように速い列車に乗っていけば1時間くらいのところに 9年近くすみつづけてるとさ。仕事の都合。家族の事情。ともかく上の命令で。  速い電車では遠くないように感じても、実際一枚の陸でつながっていても、 その間には日本一といわれる大きな山がそびえたつ。 そして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ごんべは種もまかず からすにほじくられもせず

 畑は耕されたまま放置されている。 毎月耕し種まく準備をする。 まかれなかったら土は削除され 翌月もう一回始めからやりなおす。 固い地面を耕しフカフカの土を準備して 種をまく。そこにはかわいい新芽が顔を出し育っていく。 かつてはこの土地の収穫におおいに喜んだ。 しかし、もはや種はまかれることは無い。 そう、しり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ママ友が咲かす嫉妬の花

 兄の方がお年玉の額が多いとか 親戚受けがいいとか そんな自分自身の時はたいしたことではなかった。  でも、子どもが生まれた時から何かが変った。 同い年の子どもを持つお母さんといると 何か落ち着かない気分になった。  「うちの子もうペラペラとおしゃべりがうるさくって・・」  1歳半の検診の会場からは駆け足で逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚をお休みする

 結婚を週休5日で休んでます。 そうして、かれこれ満8年がすぎました。  休むって週5日別居してるってことです。 平たくいうと、単に夫の単身赴任が9年目に 入ったということです。  最近みたDVD「Sex and the City」で 主人公のキャリーが使ってた言葉を拝借してみました。  キャリーは週休2日だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が苦手

 例えば夏のおみこしが家の前を 通り過ぎるのも苦手  皆が楽しそうで勢いがあって 担ぐ人は重くて苦しいはずなのに うれしそうな顔して。 周りの人も楽しそうで大きなウチワで 仰いだり水をかけたり。  そんな時は家にこもり 耳をふさぎ大きな椅子のしたで 丸くなっていたい。 現に子どものころの私はそうしていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばったもんで悪いか?

 「ポンのそればったもんだろ?  俺たちの本物はここにワニの   マークがあんだぜ」   小3の次男の友達3人が足を出し合い その違いをみせつける。  次男は何も反論しない。 彼は「ばったもん」の意味がたぶんわからない。 でもおそらくバカにされてるのは口調でわかる。  私はこの会話を自宅の2階で洗濯物をたたみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そして誰もいなくなった ー単身赴任編ー

 家を買った 転勤辞令がでた 単身赴任になった  生まれて1年半の次男を入れて 4人暮らし それが母子3人暮らし、時々おトンとなった  「D夫君 独身アゲインだな!!」などと 上司にいわれた  そのうち夫が部下にいう立場になった  「D夫課長と同じ単身ですよ~」  部下が後から東京から来て言った。  次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソコを意識する頻度が低いのも原因のひとつだと素直に思う

 お盆の上に水を並々満たしたコップを並べて運ぶ。 当然ながらこぼさないよう気をつけるが こぼさないようすればするほど、 結果として緊張してこぼしてしまう。  小走りに走れば当然こぼれてしまう。 それが私の「尿漏れ」の感じ。  タケシの番組で「尿漏れ」の病気 「腹圧性尿失禁」をやっていたが、私はまさにそれだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦で意見は一致しますか?

 中年以降になると、ある意味夫婦は日々試されているよう思う。  もう若くもなく、容姿的には衰えが始まり 若かった頃の「顔を見てうっとり」とか、 「まあ、わがままでもかわいいから許してあげる」的な ルックス的控除が一切なくなりかけているこの時期、  夫婦お互いの意見の不一致を 世間一般の方々は 一体どう解決したり妥協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の闇をのぞきこみながら

 「このまま安々とおさらばできると思うなよ。」 首ねっこをつかみ顔をみすえる。 もはや初めて会った時の様相は伺えない。 髪はざんばらになり、左右におしつぶされたように広がっている。 枕による寝癖の100倍。 おそらく長い間、定期的かつ執拗に 強い力で押さえつけられた結果であろう。 よくみると毛の間に 海草のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウオーキング ウィズ 旦那さん

 結婚式のケーキ入刀以前にも 独身時代のアパートでさまざまな共同作業を重ねていた。 そんな私達夫婦だが、夫が単身赴任になってから とうぜんのことながら夫婦共同作業が減った。  だからたまに夫が自宅にいるときは、 強引に食事の支度を一緒にしたり 園芸作業の強制労働に駆り出したりと、 無理やり夫婦共同作業をする。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木を見て花をみない単身赴任生活

 「これピンクの小花がさくバラだったよね?   なんでいつもちっちゃいバラばかり選ぶの?   もっと派手な大きなのにすればいいのに。」  夫は伸び始めたバラの枝を誘引しながら 私に聞く。  夫は北陸の彩りあでやかな伝統文化のもとに 育ったせいか、派手で大きな花を好む。  (あら?可憐なマーガレットのような私(本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あえて自分の存在感を夫に問い直す

 上下黒の服装で車の後部座席に身を滑らせる。 後部座席には買ったばかりの上掛け布団が 梱包され我が物顔で 座席いっぱいに陣取っている。  その布団の下に身を隠し息をひそめる。 黒い靴をはいたまま、足をクの字に折り曲げる。  外は春とは名ばかりの寒さ。 夜の闇の中、風がドット吹きぬける。 咲き始めた桜もその硬いつぼ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見方を変えれば「家持ちじいさんのゆううつ」の映画

 大好きな鶏のから揚げ屋おじさんの映画だと 思っていた。  見かけも似てるし外国映画だし。 ケンタッキー州のガソリンスタンド経営のおじさんが 作った鶏のからあげが大評判になり立身出世・・・。  と、よく見たら名前に「ネ」の字が抜けている。 別人であった。  3Dの映画も初めてみた。 3Dでなくてもおそらく映像はきれい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心細く感じたこと最近ありますか?

 知らない場所でバスにのる。 たぶんこのバスであってると思うけど のってる時はちょっと心細い。    帰り道。 山の中で辺りが薄暗くなってくる。 まだバスはあるようだけど。 そのさびれた停留所の 擦り切れた時刻表の数字が頼りなく 何度も見返し心細くなる。  初めての大学でのひとり暮らし。 実家を出るときは意気揚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何か変・・?!を感じ取る力

 人間というのはその人のリズムみたいなものがある。 音楽でいうところの楽譜の最初、 ト音記号の次にかいてある数字みたいなもの。    人と一緒にいると、自然そのリズムにあわせており、 どうにもこの人とは合わないと思われるのは そのリズムに自分がついていけないということなのだろう。  例えるなら夫は三拍子のよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その人知ってますか?

 人を知るってどういうことか? 名前を知る。住んでる所を知る。家族構成、出身地、年齢・・etc. 役所の用紙に記入するようなことを 一通り知ってもその人のことを知ったとは思えない。  メールアドレスなど個人情報といわれるような事を2~3知り 個人的に会話する。 お茶を飲む。食事する。グチを言い合う。共感する。 その人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最初の女王

 写真は我が家の今年最初の開花バラ。   「パパメイアン」   黒バラの銘花といわれ、香りも強。  明日には雨にあたってしまいそうなので  花びんにいけてみました。   花びんは夫のチェコ出張土産の  ボヘミアングラスです。   花を生けると  レースでラッピングした花束のようで  とても気に入ってます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

単身赴任でも見せられる親父の背中

 長男は今春中学に入学したが 早速、バレー部にも仮入部した。  私から見ると、まさに彼は人生初の 運動系の活動、しかも団体スポーツを 自らの意思で選んだように思う。  これらは全て父親の影響だ。  夫は中学から大学までバレー部に所属し 現在ではPTAのパパさんバレーチームにも所属している。  単身赴任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主婦だってストーブリーグ

 今期の成績結果をふまえ 来シーズンにむけ、日々どうトレーニングをこなすか。 それを決めるのが今の時期だ。  監督としては選手との対話が重要である。  もちろん、選手を直接指導する トレーニングコーチとの相性も大切だ。  選手をどう伸ばしてくれるか。  成績、成果はもちろん 日々のトレーニングのなか 失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業式「泣けとごとくに」的演出が嫌い

 卒業シーズンだ。 「ご卒業おめでとう」といわれるように、めでたいものなのだ。  辛い学業試験や苦手な体育実技(私は特に・・)を辛くもをクリアし 本日、無事「~卒業」というタイトルを手に いれた達成感に満ちた日。  この日になれば次に進むべき 進路も100パーセント本意でない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああっ。七年目。

 単身赴任夫を待つ妻生活も 先週の人事辞令で7年目突入。  「ああっ。今日もどろり重い心ひきずって~」  「体だけは丈夫なので今日も笑っていよう~」  アニメ銀魂の主題歌「遠い匂い」のその部分だけ  繰り返し歌いながら気分アップに努めるこのごろ。  「銀魂」ベスト版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祝いムードの中の孤立感

 植物を育てるなかで 時々経験することなのだが、 生育が止まってしまったような苗に会う。      他の苗と同じ時期に買い、 おなじような生育条件のもとに 育てるのだが、1つの苗だけ枯れることもないが 新しい葉を生やすでもない。 もちろん花や実をつけることもなく 果てはこれはどんな形で何色の花がさく苗だったのかも …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こんな男と暮らしたい

 「旦那と休みの日、子供連れてどっかでかけたと   するじゃん?そして、家帰ってご飯つくってるとき時、   旦那だけテレビの前でゆったりくつろいで   『飯まだ~?』とか   『子供泣いてるよー。テレビの音が聞こえないんだけど 』なんて   言い出すとマジむかつくんだけど。   こっちは帰ってから休む間もなく、メシ作ってんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

単身赴任をいいわけにしない

 お父さんとは週末しかたくさん遊べない。 だから、寝る時間遅くてもいいよ。 もう、夜12時だってOKよ。 結果、翌朝起きるのも遅くなり なんかグズグズ生活。 「今日お父さん帰ってくる日でしょ?  夜まで待ってていい?」  そんな子供の言葉に 夜11時で遅いけど明日学校も休みだからいいかーと またグズグズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more