テーマ:園芸

私とお友達になる特典

私とお友達の方で 毎年この時期に自宅に遊びにいらした方は 下記のバラをさし上げています。 ただし、お友達といっても 「リアル友達=ネット上ではなく」 「子どもの学校の学区内=近所にお住まい」のかたと 限らせていただきます。  遊びに来た子供にも 「お母さんにあげてね」とケーキの箱なんぞにいれてもたせると お母様には結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木なんて植えるもんじゃねえ

 落ち葉もねぇ。  竹ほうきも見ねぇ。  焚き火は、もちろんしちゃいけねぇ。  だから焼きイモするわけねぇ。  だいたい火すらも見たことねぇ。     (吉幾三の「オラ東京さいくだ』風に歌う 作詞:でこまる)  オール電化が進めば  日常で火を目にすることす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気がつくと、はびこっている人

 気づくと庭中うめつくさんばかりの草がある。 一株植えただけなのに。 家人が「暑い。暑い」と 夏中、家の中になりを潜め、 秋の涼やかさに食欲を増しフラフラと スイーツにうつつをぬかし、 冬の到来に首をすくめ、 庭の枯れ葉の始末に憂いはじめる時分に はじめて気づくことだが。  なんの世話も焼かれないことが これ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好きな音

私は英語の音声が好きだ。 中学1年で英語の発音に出会ったとき、 先生の操作するカセットテープの音声を何度も聞きたいと思ったし リピートもした。 だからいまだ英語学習者であり 週一回英語でおしゃべりしたいので 近くの英会話学校にも通う。  英語でもっとも美しい音は黄昏をあらわす  twilightだと誰かが言った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねっきり葉きりこれっきり

 この時期、庭にいると色んな発見があっておもしろい。  昨日、ブログにアップしたジューン・ベリーの写真を撮っているとき、 耳もとになにやら不快な羽音。 しかも、かなり大きい。ハチ?とおもい身構える。  この時期花のあるとこにはハチも多い。  ミツバチくらいの大きさの虫がジューン・ベリーの葉にとまるといきなり・・・。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ネコのひたいで戦国時代

 初めはただ赤土の荒土だった。 そこへ2人の男女が2人の子供を連れてやって来た。  男は土を覆うことに関心があった。  女は花と木を植えるイメージをふくらませた。  男は早速、日本芝の代表、高麗シバをたくさん購入して その子供にも手伝わせ、赤土の荒土を掘り返し 耕した。    荒土からはコーラの缶やらなにやら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あなたが作ってくれたバラのアーチ。咲きました。

 旦那さ~ん。  あなたが冬の間、たまの休日 帰ってきて寒空の下 チクチクと痛い思いをしながら(だって、バラ用手袋を自ら穴あけてしまうし・・) 誘引してくれたつるバラのアーチ。  アーチのテッペンまで上手に誘引できるのは あなたのその長身の身体的特徴と フィギュアを愛する芸術的感性なくしては できない技です。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

シルクのような青バラ ブルームーン

 私の一番のお気に入りのバラ。「ブルームーン」です。 香りが強いです。  美しいので切花にして家の中にも 飾るのですが、そうすると藤色から灰色っぽい藤色に変わります。 まるで血の気が失せたようです。  やっぱり早く散ってしまうけど 外で枝で咲かせてめでているのが一番のようです。  先ほどスーパーにいったら ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初雪カズラの花

 もっぱら葉を鑑賞する「初雪カズラ」。 我が家の門の横の壁面にびっしりとはわせてあります。  花は目立たないのか、今までつかなかったのか わかりませんが今年はいっぱい花をつけました。  それでも、ピンクや時には赤色にもなる 葉よりも目立つ色ではなく 白の小花です。  けなげに咲いてるので 写してみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遺産」という名前のバラ

      イングリッシュローズの仲間       「ヘリテージ(heritage)」(遺産) 四季咲きなので秋遅くまで咲きますが わたしはこの初夏の1番花が一番美しく感じられ 好きです。  ほんのりレモンの香りがします。  今日は初夏とは思えないほど寒いです。  外出のときは冬の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビロードのような黒バラ パパメイアン

 バラの季節到来にて パソコン前より庭のバラの前にボーッと立ち続けている私です。  自分の家の前だからいいけど 他の家の前ならかなりあやしい人です。    パパメイアン 黒バラの銘花といわれています。 ビロードを思わせる光沢のある花びらが気に入ってます。  香りも強く 2階のベランダで洗濯物を干していても…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

おとなしく、そして強いもの

 植物を 育て間違ったならどうなる。  日なたを好む植物を日陰に放置する。 まず、なまっちろく背丈はひょろ高くなる。 成長が遅い。 花つきが悪い。最悪1つも花をつけることなく リーフプランツ(葉を楽しむ植物)として生きる。  もしくは新モヤシの仲間を自家栽培にて 発見できるかも。  食べるかどうかは別だが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな花木

 花は何が一番美しい? その季節に生き生き咲く花はどれもが 皆生命力にあふれて美しい。  春は一斉にさく桜の 壮麗さと散り際のあっけなさ。  バラの季節はバラの存在感に圧倒される。  秋はキンモクセイの香りに立ち止まり 冬の寒い中、雪をかぶった椿の赤い花のコントラストに ハッとする。  でも、あえて …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の春の寄せ植え

 3月初めに株間を空けて植えつけた苗ですが (パンジー、ストック、サクラソウ、シバザクラ、etc.) 気温の上昇と共に間がせばまり 丁度いい感じになってきました。  東京は今日桜も開花宣言です。 近所の桜をチェックしにでかけてみますか・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯粒は残さず食らえ

 鳥って赤い花を食べ物とまちがえませんか?  今朝、ベランダのルビー色したパンジーが食い荒らされてました。  一輪だけ花つけ、つぼみがいくつかあがってる状態のところを 花はすべてむしられ、葉っぱも食いちらかされて・・・・。  かろうじて根は残ってるから 復活はすると思うのですが。  冬場、野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に果たされる約束

 庭の落葉樹の葉もすべて落ち、いよいよ冬本番だ。 青葉がいきいきと生い茂る季節も好きだが 私は枝ぶりがあらわになった この状態の木も好きだ。  なぜなら、春のお楽しみを枝に隠し持っているからだ。 それは花芽。 花になる芽が春を待ち今は寒さに耐えている。 これはハクモクレンの花芽 暖か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒイラギの花咲きました

 秋になると我が家は日当たりが悪いため いっきに私の園芸熱も下火になってしまいます。  落ちていく落葉樹の葉をみつめ 「あの最後の葉が落ちたら私は・・・・・。」と オー・ヘンリー的悲嘆にくれているわけではなく ただほうきを手に 庭にでて掃除の日々を送っています。  そんな中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はすでに・・・

 昨年の秋に植えつけたユリが開花しました。 ユリの女王ともよばれるカサブランカ。 香りも強くリビングの外に鉢植えで咲いているのですが 窓を開け放っていると丁度良く部屋の中に香ります。  梅雨のジメジメとしたこの時期この香りで かなり爽やかにすごせます。 今日意外な発見をしました。    この朝一番に咲いたユリの花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すっくと立つタチアオイ

この時期家の庭に咲いてる花は少ないのですが そんな中でがんばってます。 タチアオイ この花なんだか小学生のときテッシュでつくった 花にも似てるよう思います。 (入学式のとき、その花でつくったアーチをくぐりました) 一重のほうが涼しそうですよね。 レースの服を彷彿させるし。 家のは八重咲きです。 数年前園芸ガ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジューンベリーの実

 買って2年めの鉢植えジューンベリーが初めて実をつけ 色つき始めました。  といっても、ほんと写真に写ってるこれだけです。今年は。  正確にいいましと、この写真を撮る前早速私が一粒食べてます。  だって鳥に先こされたらいやだし  子どもより先にまず味わう母です。  だって、一家のお毒見役…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バイカウツギの香りに包まれて

庭のバイカウツギが咲き始めました。 バラも一息ついたところで バトンタッチのように咲きだしてくれます。 ウチで植えた植物の中で一番香りが強いです。 でも、今のこの季節にとてもあいます。    さわやかな風がふくときは、その風にのって 開け放たれた窓から、リビングにそっと香ります。    ひと雨あったあと窓をあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紅茶の香りのバラ

イングリッシュローズの仲間ですが 名前はわかりません。  ほのかに紅茶の香りがします。 バラってほんとふしぎ。 色々な花形に香り。 バラなのに紅茶の香り。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パンジー・ビオラ最後の底力。アンコール・アワー中。

 バラが咲く頃になると もうパンジー・ビオラは徒長しすぎて 全体の形もくずれがちです。  そろそろ見切ってペチュニアやら初夏の花に 模様がえなのですが。  やはりまだがんばって、花つけてる姿みると そうそう植え替えなんてできません。    そんな中できょう意外な発見。 下の写真のビオラは2種類の株でなくて 同じ株の花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒バラの銘花 パパメイアン

パパメイアン 今年の一番花なのですが花弁数もやや足りず・・・ でも、相変わらずの強い香りが 朝日の中で感じられました。 ちなみにウチは 単身赴任でパパ イナイヤン (パパメイアンにかけてみました) おそまつでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ。カップ咲きの仲間たち

 カップ咲きのバラが去年の私のマイ・ブームだったので 去年のバラとガーデニングショー(毎年、5月に西部ドームで開催)あたりから 買い集めました。 カップ咲きとは、お椀のような形で咲くバラとでもいいましょうか。 その中で小輪~中輪咲きのバラを紹介。 ローブリッター 同じような画像を3つアップして…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

やっと会えたね

コンスタンス・スプレイ 一昨年買ったこのバラ。去年は一輪つぼみがついたのですが なぜか茶色に変色し枯れ落ちてしまいました。  植え付け方がよくなかったのでしょうか。たびたび水枯れのように 葉っぱがくったりし、そのたびバケツでたっぷり水かけてました。  今年はどうにか十数個つぼみをつけ、これが1つだけ先走って開花しました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブルームーン。お気に入りの青バラ

私の一番のお気に入りのバラです。 ブルームーン。 青バラと言いましても空の青を彷彿させるようなバラは いまのとこまだ登場していません。  いつだったか、新聞をさわがせた青いバラも 紫の色が強く感じられました。  藤色がかった色のバラを総称して青バラとよんでいます。  ちなみに黒をかんじさせるような濃い赤いバラは黒バ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

立てばしゃくやく

 家の玄関まわりの芍薬咲き始めました。 八重咲きのも壮麗で好きですが この一重咲きの 和風でしっとりとした感じがとても好きです。 特にこの咲き始めのつぼみが美しい。 桃色がかってぷっくりとした ふくらみを日々大きくしていく。 いつ咲くか?いつ咲くかと 楽しみにながめる。 ある日そのやわらかい 繊細な花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

背の順に並んでください

 咲き始めた時からならんでおります。 ケマンソウ 別名タイツリソウ(垂らした釣り糸に鯛がかかったような様子から) 宿根草なので、我が家の庭の春の常連さんです。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more