テーマ:家族

主婦の方々、家族旅行は好きですか?

旅にでれば追いはぎにあうかもしれない。 船に乗れば海賊に身ぐるみはがされるかもしれない。  旅はいつだってリスクに満ち、未知の分野へわけ入る のだから覚悟が必要なのだ。  ・・・・んなんてのは昔の話で 今や旅はレジャーと呼ばれ、楽しみであるはず なのだが・・・・ 節約したお金をかき集め ガソリン代を1円でも安い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしかった夏の記憶 

ぐねぐねと曲がる山道で何度も体を左右に揺らせる。 ふと目の前にまっすぐな道路が開ける。 その縁石の一部が黒くすすけているのを見て「まさかね。」と心の中で苦笑する。 43歳の私が、あっという間に6歳のピンクのワンピースを着た子供に戻る。 私は父の隣に座り、 うっそうとした山の緑の中で飯ごう飯をほうばっている。 飯ごうの底からガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして誰もいなくなった ー単身赴任編ー

 家を買った 転勤辞令がでた 単身赴任になった  生まれて1年半の次男を入れて 4人暮らし それが母子3人暮らし、時々おトンとなった  「D夫君 独身アゲインだな!!」などと 上司にいわれた  そのうち夫が部下にいう立場になった  「D夫課長と同じ単身ですよ~」  部下が後から東京から来て言った。  次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いくつになっても母胎回帰

 冬の夜 灯りを消し 真っ暗な布団にもぐる  布団は亀の甲羅  首をすくめ ひざをおり まるくなる  その時 決まって 思い出すのは故郷の母  こんな寒い夜 母の寝床は 暖かいだろうか  ぐっすり 眠れているだろうか  めったに電話もしないけど  正月に会いにもいかなかったけど  布団に入り一番に思うのは必ず 母…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

劇場で全米と泣くより、感動作は子供の作文

 うちの子供、今年中学1年になったばかりの長男は 以前にも書いたが無口である。   私と二人向かい合って座っていても 全く口を開くことはない。  もう、そういうお年頃・・・ではなく 2歳~3歳くらいからずっとそんな感じだ。  それが全くもって普通になってしまい 逆に変にこちらから話かけても 要領を得ない返答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単身赴任でも見せられる親父の背中

 長男は今春中学に入学したが 早速、バレー部にも仮入部した。  私から見ると、まさに彼は人生初の 運動系の活動、しかも団体スポーツを 自らの意思で選んだように思う。  これらは全て父親の影響だ。  夫は中学から大学までバレー部に所属し 現在ではPTAのパパさんバレーチームにも所属している。  単身赴任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああっ。七年目。

 単身赴任夫を待つ妻生活も 先週の人事辞令で7年目突入。  「ああっ。今日もどろり重い心ひきずって~」  「体だけは丈夫なので今日も笑っていよう~」  アニメ銀魂の主題歌「遠い匂い」のその部分だけ  繰り返し歌いながら気分アップに努めるこのごろ。  「銀魂」ベスト版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お母さんはお父さん以外に夢中になってはいけない

 前記事「事件はリビングでおきた」のつづき 「どうしてこんな事したの?」  机をはさみ問い詰める。  「目の前のおっかさんが泣いてるぞ」と  少しも泣いてはいないし、  刑事ドラマで見られる机の上の口説き落としの必需品、  カツ丼もないが、さらに当のおっかさん自ら  たたみかける。  「だって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫を確実に私にふりむかせる方法 その2

 「夫婦というのは結婚後どのくらいまで  お互い緊張感を持って暮らすのだろうか?」 「Sex and The City」風に 今日はつづる。 主人公D子は今日だけ「シモネッタ」と改名。 (書くことが下ネッタ寄り。)  同棲期間1年。 結婚16年、そのうち同居期間は約十年弱。 そのあと単身赴任により…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夫を確実に私にふりむかせる方法 その1

 私は恋女房である。 好かれて請われ、 たのむこっちゃ(=頼むから:夫の故郷の方言)結婚してくれと 口説きに口説かれて結婚したのだ。 今は昔のこと。  しかし、結婚16年のうち 好いたほれたの文句は、 子供の登場とともに 授乳に明け暮れているうちに 紙おむつにくるまれ捨て去られてしまったようだ。  正確には熱…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

 今年もよろしくおねがいいたします。  「仲良きことは美しきこと」   ああっ。仲がいいって本当いい。  おととしの大晦日は当ブログにも記しましたが  夫と年末にして年内最大規模のケンカをしてしまい  大変でした。(おもに子供たちがね・・・見ていて   ヒヤヒヤ。ハラハラ。ドキドキという顔してた)   だから、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

このまま二人で・・・・

 「このまま二人で○○しよう・・」  せっぱつまった関係の男女の最後の一手のように どちらかがきりだす。 私はこのフレーズが好きで 若いころから、言われたいという願望がある。  例えば  「このまま二人で夜行列車に飛び乗り   あてもない   旅にでよう・・・・・」とか  しかし、間違ってもこの世に戻れない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そんな毛なら剃ってしまいたくならないか?

 子供たちの間で サンタクロースを信じる平均年齢があがっているよう 思える。  そんなの調査した結果でないから わからないが、私ら子育て世代のこの時期の 会話内容から推測して。    大抵のおうちはサンタクロースを この時期「立てて」あげる。  安くない値段で買った 子供が もっとも欲しがるものを 自分(親)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まわりの人を漢字1字で表せ

 お絵かきばかりに没頭し 一向に勉強やら明日の準備をしない 次男(7歳)にむかい私が業を煮やし声をかけはじめる。 すると、 「お母さん!!そんな事ばっかいって  怒っていると  おでこに『力』っていう漢字書いちゃうよ!!」と言って 手に持ったマジックを振りかざすのだ。 母(私) 「なんで『力』なのよ?」 次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休みの終わりに感じるジェラシー

 子供達はきょうから学校。 夫もとうに夏休みは終え下期の仕事の準備。  「いいな。家以外にも属するところがあって。」 今の時期、、みんなの後ろ姿を見送りながら そんなジェラシーのような感情が芽生える。  おうち大好きでマユのようにくるまれて それはそれで幸せなことだけど。  繭のなかからちょとグチってみたくなる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

絶頂感

 瞬間最高視聴率を記録したのは こんな場面だったとよく話題になる。    ちなみに私が今回の夏休みの旅行で 気分が最も高揚し、幸福感の絶頂を感じたのは 宿泊ホテルの夕食時、窓から琵琶湖に沈む夕日を眺めながら 京都の有名料亭から引き抜かれたと噂の料理人が揚げた 大葉で包まれたエビシンジョの天ぷらを 「カリッ」とほおばった時…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

通行料は手痛いのだ

 渋滞にはまらないように 今年の我が家の出足は結構早かった。  なんといっても午前中に旅にでかけられた。  環状線を感情的な運転をさけて 快適にすすむ。  車は多いが順調に流れる。  ブイブイと進む。 西をめざす。  しかし、去年の夏は夫の仕事は休みがとれず 大変だった。今年は晴れて家族で夏休みの旅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その歴史はや25年

 私は春近くになると鼻がムズムズし くしゃみを連発させ、粘性のない鼻水を垂らしまくります。  ついでに目も猛烈にかゆくなり ノドも痛み、唇は乾き 耳の中までかゆくなることもあります。  そう。国民病ともいわれるアレルギーの一種で 中学3年のときに初めてその自覚症状がでました。 25年以上まえのこと。  なんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ライラの冒険』見てきました

 ファンタジーものは子供の頃からすきなんです。 なので、『ロード・オブ・ザ・リング』も見てきましたし ライラも劇場で見ないではいられない。  自転車でいける範囲にシネコンができたので いってきました。一人で。  幼稚園のお迎え時刻ギリギリでしたけど。  夫に週末とは行かなくても、都合のいい日に一緒にどう?と 聞いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

全国の元女子高生諸君のひとりの私

 「核家族におけるメディアの影響」なんて お堅いブログタイトルを掲げる一方で 私は「ヤッターマン」ファンでもある。  毎週月曜夜7時、日テレで放送中のアニメだが 正確には、私はこのヤッターマンではなく 私の子供時代のヤッターマンが好きなのだ。  あの頃は私は小学生だったような気もするが 何歳だったかおぼえていない。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

核家族におけるメディアの影響

 自慢じゃないが、ウチは核家族中の核家族だ思う。 家族のカテゴリー中の最小ユニット。 バンドで例えればボーカルとリードギターだけ。 (B’zか  そう、B’zファンとして、このつっこみを自らしたかっただけ)  話しがそれたようで。  ともかく、現在宅の主人は単身赴任…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ただいま我が家の寿司レート急騰中↑ 1寿司=6000円前半

 我が家には寿司レートなる固有レートがある。 ただいま急騰中である  これは1皿100円(税込み105円)の回転寿司やに ウチの家族4人で出かけたとき 1回の会計時の値段である。  ちなみに今日は 寿司           55皿 ジュースやデザート   3皿 うどん(260円)     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

どこかにあるユートピア

 思うに単身赴任の旦那と いつか又、家族4人一緒に暮らせると思って生きていくのは 西遊記の旅のようなものである。    旦那が東京に帰ってくる。その日を夢みる。 また帰ってくれば夢のような生活がそこにあり 皆ハッピーでくらせる。 そんな思いを抱いて 一行が西へ西へと 天竺を目指したように 私たちは、日々すごしているよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昭和40年代。チャブ台ひっくり返し率はいかに?

 昨日みた映画「自虐の詩」のなかで 何度も食事の乗ったチャブ台がひっくり返されるシーンがあったが 実は私の幼少期(昭和40年代)にもかなりかぶる。    私の父は以前のブログ(辞書の思い出)でもかいたが このひっくり返しをよくやった。  よくやったといっても実際のところは 年に何回といった頻度だったと思うが 幼い私にとっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

へぇ的いやがらせ

 ドメステック へぇ的いやがらせに悩む主婦D子。 以下の描写は加害者であるその夫が 自ら家族日記に記したものである。  ①ナイロン袋に放屁中 ②妻に濃縮ガスを発射妻、前後不覚。 ③妻失神。じゃなく、激怒&就寝  週1回のペースで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

家族の夏休みを取り戻せ②-ビール工場見学ー

 アサヒビールの神奈川工場を家族で見学してきました。 ウチは夏休みには工場見学が恒例となってきました。 去年は名古屋の夫の部屋を訪ねるのをかねて TOYOTAの自動車工場を見学。  今年は夏休みに行けなかったので3連休のなかびを選んで 行ってきました。  工場自体は休業で機械は動いてませんが 中の様子をツアー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

家族の夏休みを取り戻せ!!ーその①-箱根ユネッサン

 この夏、夫は夏休みが取れなかったので 家族旅行ができませんでした。  ですので22日からの連休で箱根方面に家族で2泊3日の旅行にでかけました (夫の免許も無事復活しました・・・)  初日は箱根ユネッサン。多種類のお風呂があるレジャー施設です。 そこのバイキングで噂のチョコレートの噴水を発見{…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夫の日記

 7月の初旬から家族日記と名づけて家族で日記リレーしています。 一日ごと交代で私→長男→次男で週末だけいる夫は そのローテーションにいれてもらい土日どちらか1日分かくと。  もともと、子供がいない夫とふたりだけのときも 夫婦交換日記をしてまして、子供がうまれなんとなく 忙しさにまぎれやめてしまいましたが その家族版として復活…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

いないから増す存在感

 いないからその人の存在がより大きく感じられることってある。  夫が単身赴任先に発った時なんか  そうとうなものだった。  今回長男が2泊3日の学校の林間学校に 出かけた日。 次男に 「今日からお母さんと2人きりだね。」と なにげなく言った。  すると次男はすかさず 「ちがうよ。4人だよ。家族は4人だよ。」 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

静かなる存在感

 あの子がいないと麦茶がへらない。 今日もわかさなくても間に合うと思ったら おととい沸かしたのが傷みかけてる。    牛乳もへらない。  いつもは、買って冷蔵庫にいれたはずが  あっというまに飲み干され、  空になったカートンだけ干してあるのに。  お米もへらない。だから炊くことなく 電子レンジで温め直したりしてた…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more