テーマ:

香りはなつがクチはナシ

 我が家の長男はほんとうにしゃべらない。 口が固いという意でも、思春期だからでもなく 物心ついてからの彼に関する心配事は 「言葉がでない」である。 クチナシの咲く季節になると 花の雰囲気には関わらず その名前を聞くたびに長男が心配になる。  幼い頃、発達の相談にも行った事があるが 結果は 「そういう性格」というもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラと子供と待ち受けるトラップ

 子供は広いところが好きだ。 広場にでると自然駆け出す。 もし、そこに花の顔をして実はトゲだらけの木が植えてあったら かなり危険である。  しかし、つまりそれがバラという木である。  バラと子供が共存するのは結構むずかしい。  というより、子供にとってバラの木が自分の家にあるということは やっかいである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青バラは和服美人

 ブルームーン 四季咲き 強香    楚々とした藤色の和服を着た美人を思わせるバラです。   美人の館 ヘチマ化粧水黒ばら本舗ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ウェブリブログ オペラ・アリア集?EMIレコーディングの全てEMIミュージック・ジャパンデル・モナコ(マリオ)ユーザレビュー:Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクのバラはお姫様

 ブログを更新をしないのは この季節パソコンの前に座る時間があるなら 外で呆けたように家のバラをみているからだ。  4月にアップしたバラが女王(黒ばら)なら ピンクのバラはお姫さまだと思う。  大きく膨らんだピンクのドレスを彷彿させるお姫さま。  イングリッシュローズ  コンスタンツ・スプレイ(強香)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一発屋 出花をくじかれる

チューリップは一発屋。 1球根から1つだけ 大きな花をつける。 秋に仕込み、春の祭り(開花)をまつ。 数日咲いたら、ハラリと花びらを落とし終了。 祭りのあとの空しさ。 だけど、毎年つぼみがあがってくるとワクワクする。 秋に何色を植えたかも忘れてるものだから。 しかし、花首は柔く折れやすいのか。 今朝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もう待てないっ!!と思うこともある

 この時期になると、どうしても来年度の 夫の働き場所が気になってくる。  つまり、帰任するのか単身赴任が続くのか。 実に毎日毎日、どちらが人事発表されるかと じりじりとじれながら待っている。  夫の帰宅を待つことは、もはや生活の一部で このサイクルが当たり前。  言い換えれば、普通のサラリーマン家庭は 一日の終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたが作ってくれたバラのアーチ。咲きました。

 旦那さ~ん。  あなたが冬の間、たまの休日 帰ってきて寒空の下 チクチクと痛い思いをしながら(だって、バラ用手袋を自ら穴あけてしまうし・・) 誘引してくれたつるバラのアーチ。  アーチのテッペンまで上手に誘引できるのは あなたのその長身の身体的特徴と フィギュアを愛する芸術的感性なくしては できない技です。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

シルクのような青バラ ブルームーン

 私の一番のお気に入りのバラ。「ブルームーン」です。 香りが強いです。  美しいので切花にして家の中にも 飾るのですが、そうすると藤色から灰色っぽい藤色に変わります。 まるで血の気が失せたようです。  やっぱり早く散ってしまうけど 外で枝で咲かせてめでているのが一番のようです。  先ほどスーパーにいったら ど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初雪カズラの花

 もっぱら葉を鑑賞する「初雪カズラ」。 我が家の門の横の壁面にびっしりとはわせてあります。  花は目立たないのか、今までつかなかったのか わかりませんが今年はいっぱい花をつけました。  それでも、ピンクや時には赤色にもなる 葉よりも目立つ色ではなく 白の小花です。  けなげに咲いてるので 写してみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遺産」という名前のバラ

      イングリッシュローズの仲間       「ヘリテージ(heritage)」(遺産) 四季咲きなので秋遅くまで咲きますが わたしはこの初夏の1番花が一番美しく感じられ 好きです。  ほんのりレモンの香りがします。  今日は初夏とは思えないほど寒いです。  外出のときは冬の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビロードのような黒バラ パパメイアン

 バラの季節到来にて パソコン前より庭のバラの前にボーッと立ち続けている私です。  自分の家の前だからいいけど 他の家の前ならかなりあやしい人です。    パパメイアン 黒バラの銘花といわれています。 ビロードを思わせる光沢のある花びらが気に入ってます。  香りも強く 2階のベランダで洗濯物を干していても…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梅、1輪

 我が家の早咲きの梅が咲き始めました。 梅1輪 1輪ほどの 暖かさ (服部 嵐雪) という俳句が思い浮かびます。  しかし、実際は1輪ほどの暖かさも感じられぬほど 東京もまだまだ寒いです。  けれども、この梅の開花で春が 確実に近づいているのを感じます。  次に春の到来をかんじるのは 花ではなく、鼻の…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

ヒイラギの花咲きました

 秋になると我が家は日当たりが悪いため いっきに私の園芸熱も下火になってしまいます。  落ちていく落葉樹の葉をみつめ 「あの最後の葉が落ちたら私は・・・・・。」と オー・ヘンリー的悲嘆にくれているわけではなく ただほうきを手に 庭にでて掃除の日々を送っています。  そんな中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そういう名前のお花 I will give you .....

今日偶然知ったのですが。 Rape(レイプ)という名前のお花があるのを 知りました。 そう。スペルも発音も同じ。  なんのお花だと思います? スリーヒント ゲームで。  ヒント①日本人になじみ深く       房総半島で有名。特に早春。  ヒント②葉も食べられ、種は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すっくと立つタチアオイ

この時期家の庭に咲いてる花は少ないのですが そんな中でがんばってます。 タチアオイ この花なんだか小学生のときテッシュでつくった 花にも似てるよう思います。 (入学式のとき、その花でつくったアーチをくぐりました) 一重のほうが涼しそうですよね。 レースの服を彷彿させるし。 家のは八重咲きです。 数年前園芸ガ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジューンベリーの実

 買って2年めの鉢植えジューンベリーが初めて実をつけ 色つき始めました。  といっても、ほんと写真に写ってるこれだけです。今年は。  正確にいいましと、この写真を撮る前早速私が一粒食べてます。  だって鳥に先こされたらいやだし  子どもより先にまず味わう母です。  だって、一家のお毒見役…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

バイカウツギの香りに包まれて

庭のバイカウツギが咲き始めました。 バラも一息ついたところで バトンタッチのように咲きだしてくれます。 ウチで植えた植物の中で一番香りが強いです。 でも、今のこの季節にとてもあいます。    さわやかな風がふくときは、その風にのって 開け放たれた窓から、リビングにそっと香ります。    ひと雨あったあと窓をあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紅茶の香りのバラ

イングリッシュローズの仲間ですが 名前はわかりません。  ほのかに紅茶の香りがします。 バラってほんとふしぎ。 色々な花形に香り。 バラなのに紅茶の香り。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パンジー・ビオラ最後の底力。アンコール・アワー中。

 バラが咲く頃になると もうパンジー・ビオラは徒長しすぎて 全体の形もくずれがちです。  そろそろ見切ってペチュニアやら初夏の花に 模様がえなのですが。  やはりまだがんばって、花つけてる姿みると そうそう植え替えなんてできません。    そんな中できょう意外な発見。 下の写真のビオラは2種類の株でなくて 同じ株の花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒バラの銘花 パパメイアン

パパメイアン 今年の一番花なのですが花弁数もやや足りず・・・ でも、相変わらずの強い香りが 朝日の中で感じられました。 ちなみにウチは 単身赴任でパパ イナイヤン (パパメイアンにかけてみました) おそまつでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラ。カップ咲きの仲間たち

 カップ咲きのバラが去年の私のマイ・ブームだったので 去年のバラとガーデニングショー(毎年、5月に西部ドームで開催)あたりから 買い集めました。 カップ咲きとは、お椀のような形で咲くバラとでもいいましょうか。 その中で小輪~中輪咲きのバラを紹介。 ローブリッター 同じような画像を3つアップして…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

やっと会えたね

コンスタンス・スプレイ 一昨年買ったこのバラ。去年は一輪つぼみがついたのですが なぜか茶色に変色し枯れ落ちてしまいました。  植え付け方がよくなかったのでしょうか。たびたび水枯れのように 葉っぱがくったりし、そのたびバケツでたっぷり水かけてました。  今年はどうにか十数個つぼみをつけ、これが1つだけ先走って開花しました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブルームーン。お気に入りの青バラ

私の一番のお気に入りのバラです。 ブルームーン。 青バラと言いましても空の青を彷彿させるようなバラは いまのとこまだ登場していません。  いつだったか、新聞をさわがせた青いバラも 紫の色が強く感じられました。  藤色がかった色のバラを総称して青バラとよんでいます。  ちなみに黒をかんじさせるような濃い赤いバラは黒バ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

立てばしゃくやく

 家の玄関まわりの芍薬咲き始めました。 八重咲きのも壮麗で好きですが この一重咲きの 和風でしっとりとした感じがとても好きです。 特にこの咲き始めのつぼみが美しい。 桃色がかってぷっくりとした ふくらみを日々大きくしていく。 いつ咲くか?いつ咲くかと 楽しみにながめる。 ある日そのやわらかい 繊細な花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

背の順に並んでください

 咲き始めた時からならんでおります。 ケマンソウ 別名タイツリソウ(垂らした釣り糸に鯛がかかったような様子から) 宿根草なので、我が家の庭の春の常連さんです。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チューリップ組、咲きそろいました。

 黄色。 子供の両手で形作った チューリップの形に似てます。 咲いた~咲いた~ チューリップの~はなが~ これは藤色。グラデーションがかって素敵です。和風チューリップと勝手によんでます。 後ろに伸…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

母子の園芸 パンジー&ビオラ組

 春の園芸を楽しむ為には、秋から作業します。 10月になり行きつけの園芸店から 「パンジー&ビオラ入荷しました。」とお知らせの葉書がくると 頭のなかは来春を彩る寄せ植え計画を練ります。  構想数分・・・・・・。制作費をにぎりしめ自転車をこぎだす。 車に乗れない私は、自転車走行で約30分ほどの 人にいわせ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

我が家の宿根、多年 青組

 今日は我が家の春の宿根草、多年草のなかで青の色をつけるものを 紹介します。    決して出恨、多念、青い情念の話では、ありません。    花にらの仲間です。宿根草というより、球根植物でした。これも6年前に球根を 5個ほど植えましたが、すごく増え、今では20近く花をつけてます。 日なたを好む植物でしょうが、我が家の今の時期…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

花の絵描きました。気分はターシャ

 これは我が家の庭に咲いてるクリスマスローズです。 先日ブログ(2月9日付)けにも写真をアップしましたが、トールペイントの素材として使いたいので今日は庭にでて、スケッチと透明水彩で軽く色をつけてみました。正に今この花は見ごろです。花が「私を描いてください」といってくる気がするんです。春先は忙しくなります。 でも春はいっせいに咲きはす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主婦の私、突然仕事始めました

 仕事といっても出来高制の内職なんですが、覚えるまで事務所に通い、しあげるそうです。 今日は面接だけのつもりでしたが、すぐ始められる?と聞かれたので始めてしまいました。 プリザーブドフラワーを決められたようにアレンジしていくお仕事です。 お花は好きだし、趣味で何回かやったことあるのですが、なんだかすごく緊張して 全くはかどりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more