テーマ:つぶやき

クラックはいつも不安の種

1970年代。 保育園への道は自転車で5分。 保育園は嫌い。テレビ見てお菓子食べてお昼には まずいコロッケが一つ。小判型のお弁当箱のふたに配られる。 お弁当箱にはおむすびが一つ。その海苔に石が混ざって嫌い。 お昼寝は最も嫌い。 寝たくもないお昼寝の時間にまちがってうつつを抜かすと 寝小便を垂れてしまい、保母さんは不機嫌…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夫がしてくれる○○が好き

夫の膝の上で可愛がられることはもうない。 でも中一になっても夫の膝の上で体育座りして 可愛いがられてる次男(35kgやせ気味)を見ているのが好き。 夫と一緒に風呂入ることはたまにある。 それは色っぽいことでなく節約という観点と 見ること久しくなくなった器官が枯れ落ちてないかみるため。 バラの枝の害虫駆除と似ている。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる

春になり薄着になると襟と袖の汚れが気になる。 このパソコン。新しいのはいいが その使いかっての悪さも気になる。 8.1の0.1ってなに?気になる。 子供が中学生になってかわいかった口元にひげっぽくなってるのも気になる。 バラに日があったてるか蕾はついているかとか 雑草は日々更新されるのに夫の毛髪は冬枯れとまでいか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あまちゃんのうに丼も食べたいが私はもっと感動飯を食べた

あまちゃんロスにはならないが あまちゃんがおわってもいまだ果てない欲望の対象は あの「うに丼」である。 なつばっば達が、海からとって蒸して電車や喫茶リアスで売ってるあれ。 近所のスーパーのお弁当特集ではまずお目にかかれない。 おそらく都心の駅の老舗百貨店あたりまで繰り出せば「なんたらフェアー」とかで ウン千円もだせばう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単身赴任中だった夫の持ち物に嫉妬する

 例えば「布団一式」に嫉妬した。 去年の四月、夫が単身赴任を終え東京に戻ったとき。 電化製品などほとんどは次に名古屋で勤務する人にゆずったり したけど、ゆずれないものは持ち帰った。  布団一式は引っ越しやの布団包み袋にきゅうきゅうに収まり 大きなクッションのようにやってきた。  「これはいらんからこのまま粗大ごみで捨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たち夫婦のシーズンは今

 連続ドラマをシーズン途中からみてみる。 人物設定も過去に起きたこともわからないから 「?」と思うことも、「ああったぶんこんなことあったのかな」っと 想像しながらみる。 どうしても気になったらシーズン1最初からみてみる。 へ~。そうなんだ。ま、想定内かなとか。 私たち夫婦は、シーズン途中がずっと貸し出し中のDVDみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メールしてイヤホンして日傘さしてチャリをこぐ

 最近冒頭のタイトルのように曲芸に近い自転車走行者と細い道ですれちがうことが多い。 じっと見つめてしまう。すごく近くですれ違うがけっして目が合うことはない。 彼は自宅リビングにいるから。自転車のまわりはたぶんみえない壁があって 彼からは何もみえないんだろな。  一週間に一度は何かのweb会員登録のために6文字~8文字…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨガとtwitterはじめました

 春になるとやはりさかりがついて何かとやり始めたくて・・・ ではなく、春になると木々の芽吹きのごとく私の内在する好奇心もまた ムクムクと葉をひろげたくなり、手始めにまず3月ごろからホットヨガ始めました。 これは熱い室温と高めの湿度の中、女性限定です。 開き切った骨盤とたわんだインナーマッスルを鍛えることで 自分の体調の不調全般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしきネバネバ社会

手相の診断は面と向かっては怖いけどサイト診断なら手軽な気持ちでできる。 スマホでツラツラ。 いつのまにか、ゲームのサイトに登録してしまった。 そしたら、望んでもいないのに見知らぬお友達が お友達申請してきた。ネバネバネバ。 なんだか面倒くさそうなので手相は忘れ慌てて退会手続き。 ところが、退会の仕方が不親切にもみあたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年下の彼にはついていくだけで大変

 彼は指先がすっとのびた美しい左手でスマホの液晶の画面をサラサラとなでる。 私など「ここで一句・・・」というばかりの俳句スタイルで両手を使って 緊張しながら操るのに。 とにかく、背伸びして・・・という言葉は子どもが生意気して大人の真似をすることなら 齢45の私は、背をかがめ太いウェストを細いスキニージーンズに無理やり押し込むよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつのまにやら 私もアリスやガリバー。44歳でワンダーランド体験

「家が小さくなるのか、体が大きくなるのか・・・?」 やっとのことで「アリス イン ワンダーランド」のDVDを見た。 その後で我が家のリビングで 家族そろっての食事時の感想だ。  11.5畳だからもともと広いリビングではないが 最近ほんとうに狭くなったと感じる。  体感広さという言葉を勝手に使い表すなら これは4畳半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンスターはゲットするものでなくそこにいる

 最近スーパーが暗い。節電のため照明をオフにしているからだ。 私は昔から暗い。「明るい心」と小4の時、筆で書き金賞をもらったが 心にはそのときから暗い心がのさばっているから金賞の紙に鼻じらんだ。 「私には不つりあいだと」 最近、少し時間のある時まとめてビデオでドラマを見る。 今さらながらNHKオンデマンドなどで「竜馬伝」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人になったと感じた日はどんな事をした後でしたか?

 初めて生理がきた日をなぜだか覚えていない。 ただ生理はなんだか母にいうのもはずかしかったのはおぼえている。 気づいたら当然くるものになっても、しばらくは母の生理パットを こっそり泥棒のように拝借していて後ろめたかった。 たまにパンツを汚してしまってもそれを洗濯にだすのも恥ずかしく タンスの後ろに隠したりした。それを又、母はキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40半ば、そのアバターでいいのか

 キャンデイーズ好きだったな。 特にすーちゃん好きだった。ドリフの体操の時間に 「おしりが重い人」と長さんに言われながらも、 けなげに愛くるしい顔でガッツポーズする姿をみて 私も苦手な体育の授業がんばろうと思った。  最近のようにキャンデイーズの歌がテレビで 流れてないころから時々、 30歳離れたわが子のために夕飯つく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜道で思わずゾッとした、現代ならではの恐い話~その1~

 私の家は川から近い。 毎日川沿いの道を通らないと どこにも行けない。  夜の川は不気味だ。 ヤミの中で黒くとうとうと流れる様子はそれだけで なにかの生き物のようだ。  もう少しすれば牛がえるがボーッボーッと腹の底に 響く声でなく。 1匹の蛍が目の前をけい光ペン1行分の 光をたたえ横切ることもあるが 「東京な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全部私たち夫婦で買ったもの

家もせまいお庭も とりあえず新婚ぽいから・・・と買った二人がけの ダイニングセットも (今ではイスは2脚ともこわれ 机だけパソコン用机) 安物の間に合わせが大半 いくつかの景品と友達の結婚式の引き出物と 九谷焼(夫の実家)の食器も それを入れる食器棚もさんざん夫と迷ったあげく これまた安物で、家族が増えたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日、震災後、東京の街角で朝から見たもの聞いたもの

 朝、仕事に行こうといつもの通り自転車をこぐ。 いつもは閑散としていた裏道に人、人、人・・・・・。 どうやら隣の駅は電車が動かず、その隣の駅は運行中。 電車を求める人の群れは「動く満員電車の中味。」 ただ、少し違うのはみんな足もとは 「歩きます!!」と気合いをいれた運動くつ。 自転車渋滞と呼べそうなくらいの にわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パートといえばおばちゃん その世界観を日に何度も

 タララッタラッタラ~♪  タララッタラッタラ~♪  軽やかな音楽で始まるキューピー3分クッキング。 私はお料理番組を見るのが好きだ。  料理の材料はきっちり軽量されアシスタントが手際よく フォローする。  「はい。これで10分煮たものがこんな感じになります。」  ああっ。テレビの中の料理はなんてすぐで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春が苦手

 例えば夏のおみこしが家の前を 通り過ぎるのも苦手  皆が楽しそうで勢いがあって 担ぐ人は重くて苦しいはずなのに うれしそうな顔して。 周りの人も楽しそうで大きなウチワで 仰いだり水をかけたり。  そんな時は家にこもり 耳をふさぎ大きな椅子のしたで 丸くなっていたい。 現に子どものころの私はそうしていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もし子供を選ぶ事ができたら

「頭がよくて強く優しくて。それでいて、ルックスもよくて・・・。」 ウィンドウ越しに今がかわいい盛りの子犬に見入る人々。 週末のショッピングセンターでよく見受けられる光景。 なんでも良い方がいい。 そんな観点から優生学は発展していったのだと思う。 正月の分厚い新聞記事の一節で目に留まった記事がある。 たぶん私が熱心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚痴の穴が欲しい

 グチを入れる大きな穴が欲しい。 そこに淀みなく誰にも聞かれることなくツラツラと愚痴りたい。 いつだって誰かに愚痴りたい時 その誰かだって思いつかない。 聞いてくれる人がいないわけじゃあない。 でも適任な人はいない。 ただきいてくれるだけでいいんだ。 でもね、生身の人間相手だと その人がどう思ったかとか気になるし。 そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お付き合い半ばで・・・

 遠くから見てると穏やかなのに 近寄ると、結構気性荒かったり意地悪だったり 気分やだったり・・・。 ほんと近づき難い存在だった。  息も絶え絶え、お付き合い半ばで きびすを返してかえってきた。  五合目プラスちょっとまでは行けた。  でも、肌ひとつとってもあれは マグマが固まった後?  ボロボロで ビター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の闇をのぞきこみながら

 「このまま安々とおさらばできると思うなよ。」 首ねっこをつかみ顔をみすえる。 もはや初めて会った時の様相は伺えない。 髪はざんばらになり、左右におしつぶされたように広がっている。 枕による寝癖の100倍。 おそらく長い間、定期的かつ執拗に 強い力で押さえつけられた結果であろう。 よくみると毛の間に 海草のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱がせても 脱がせても むいても むいても

 脱がせても 脱がせても  又 他の女の服もぬがせたい  男の心理  はいでも はいでも  どこから食べられるのかが  わからない 採れたての たけのこ   むいても むいても  痛くなるまで はどめのきかない  足の裏の皮の角質  むいても むいても  元にもどる前に   風呂場で洗わせる  次男の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more